slipped my memory

ついこの間観た映画のタイトルや大好きだった俳優の名前が出てこないなんていうのは今や日常的にあるのでびっくりすることもなくなってきましたが、私のもの忘れもこのところ新たな局面を迎えているようで、1週間前のスケジュールを見ながら話し、相手にびっくりされるとか、、、バッグを玄関先に置いて出かけてしまうとか、、、コンタクトレンズを取り忘れて寝てしまい、翌朝そのままもう1枚レンズを重ねてつけてしまうということを短い期間に2度もやってしまったり、、、と、自分でも少し心配になっている今日この頃であります。

そういえば映画の題材にもこの「忘却」に類するものがよく使われていることに最近気づいて、結構あるものだとびっくりしています。生きながらして忘れてしまうことは、死よりもひょっとしたら恐ろしく、残酷なことかもしれないですね。

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.